みち



挨拶
サムライさんと飯山一郎さんのお蔭でこの掲示板ができました。厚くお礼を申し上げます。元気旺盛なお二人に倣って小生も横着の身に鞭打って参加したいと思います。とくに、本掲示板では「世界戦略情報誌みち」などで提起した問題を高い見識をお持ちの皆さまとともに、よりいっそう深めていくことができればと願っています。

そこで、まずお願いしたのは、建築家渡辺豊和氏と経済人類学者栗本慎一郎氏の両氏が提案している「太陽崇拝の縄文ネットワーク・三輪山ネットワーク」と「ミトラ崇拝シリウスネットワーク」とツラン文明の関係を皆さまに考えて戴きたいと言うことです。

渡辺・栗本両氏の考えは渡辺豊和『扶桑王国蘇我一族の真実──飛鳥ゾロアスター教伝来史』(親人物往来社)、栗本慎一郎『シリウスの都飛鳥』(たちばな出版)『シルクロード経済人類学』(東京農大出版会)などに書かれています。これらには「ツラン」という単語はひとつも出てきませんが、カスピ海と日本とをほぼ一ヶ月で結ぶ草原の道に着目している点で、まさにツランと日本との関わり探る論考と言えます。

さらに、ミトラ信仰はもともと「太陽崇拝」と「公正」とを旨とするツラン起源の古い信仰ではないかと栗本氏は示唆しているように小生は感じています。つまり、この信仰のペルシア的展開がアフラ-・マズダーを主神として悪神アーリマンを斥けてしまったゾロアスター教であり、それは本来の善悪共にそのところを得しめていた天神信仰からすれば、一種の堕落であり、矮小化であったのだと、栗本氏は指摘しているように思います。善悪を分離したゾロアスター教の影響下にユダヤ教の痩せ細った一神教信仰がまとめられたのは、ユダヤ教神学が整備されたのがバビロン捕囚時代であることを考えると、説得力があります。さらに、栗本氏は、スキタイ、突厥、ハザールに共通の文明制度として「双分制」を挙げています。これはわが国では統治権が「国権」と「政権」に分離されたかのように継承されてきたことを言います。一般的には政治権力が「祭祀権」と「統治権」に分離されることを言います。栗本氏はこれがツラン系諸民族の大きな特徴だと指摘しています。

東日本大震災は私たちに文明論的な発想の転換を迫っっているものと思います。市場原理とお金万能のフェニキア=カルタゴ=ヴェネツィア流の寄生的文明原理からの脱却です。それには、長い間わが国は何を拠り所として社会を営んできたのか、改めて自覚する必要があるように思います。

他人にお金を渡すとき、「これは不浄のものではあるが……」という気持ちを込めて熨斗袋に入れて渡したのは、お金で決済される以上のもっと重大な関係が人々を律していたことの顕れであると小生は考えています。

お互いが違うことを非難するのではなく、それぞれの違いに意味があること、その違いを「公」のために役立てること、それこそが深い喜びを齎してくれるものと信じます。本欄がお互いの切磋琢磨と研鑽の場になることを祈っています。

みち編集長天童竺丸

投稿にあたっての注意事項
▼「スレッド」の立ち上げは自由ですが、『みち』および『月刊日本』に載った記事、および執筆者の著書内容に限定します。
▼実名・匿名のどちらでもOKですが、実名にする場合は匿名の使用は禁じます。また、匿名にする場合、一度使った匿名は変更しないでください。
▼本掲示板に投稿した文は、すべて著作権を放棄したものと見做します(将来、書籍・雑誌等に引用する可能性があるため)。
▼掲示板上での白熱した議論は歓迎いたしますが、相手の人格を攻撃することは一切認めません。
▼勧誘メール、ウィルスメール、その他ゴミメールは速攻で削除します。
▼お問い合わせ: dappan■gmail.com(■を@に入れ替えてください)


栗原茂の著作集

1:サムライ:

2012/05/25 (Fri) 03:55:34

host:*.t-com.ne.jp
文明地政学叢書として、栗原(茂)さんの本が三冊刊行されています。
・『歴史の闇を禊祓う』
・『超克の型示し』
・『真贋大江山系霊媒衆』
http://michi01.com/kankousyo.html

その他、昨年の暮れに連載を終了した『アッシリア文明史論』も未定ですが、将来刊行される可能性があります。また、『舎人家紋講座』、『舎人古事記』などもありますが、これらは個人情報が含まれているといった理由で、刊行には至らないと思います。

なお、既に絶版になっていますが、以下の二冊も市販されたことがありました。
・『5・3』(A+A出版)
・『野村證券に内部革命は起こるか』(第一出版)

本スレッドは、文明地政学叢書の三部作を実際に読み、ご意見・ご感想等がある読者の方のために立ち上げました。投稿いただければ、必ずというお約束はできませんが、栗原さんから回答等を得られたものを、順次本スレッドに代行で投稿させていただきます。また、『5・3』あるいは『野村證券に内部革命は起こるか』についての投稿も歓迎いたします。
5:サムライ:

2012/06/04 (Mon) 08:04:37

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1338764678.jpg 馬之助さん、その通りです。栗原(茂)さんの若い頃の写真です。喧嘩は滅法強かったそうです。
4:馬之助:

2012/06/03 (Sun) 14:49:51

host:*.bbtec.net
サムライさん、こんにちは。

『5.3(THE MAY THIRD)―社会の歪みは憲法の歪みにあり!!』ご紹介のルートで入手しました。

この本、表紙に栗原氏とおぼしきタフガイの顔写真がアップで掲載されていました!これだけでも、お値打ち本(?)ではないでしょうか。
 
3:サムライ:

2012/05/28 (Mon) 05:00:54

host:*.t-com.ne.jp
証券業界に長年身を置く道友、一刻も早く『野村證券に内部革命は起こるか』を読みたいということで、わざわざ国会図書館まで足を運んだらしい。半日近く居たようだが、その感想がふるっている…。「(証券マンにとって当たり前過ぎて)内容的にそれほどでもない。寧ろ同じ著者による『5.3(THE MAY THIRD)―社会の歪みは憲法の歪みにあり!!』(A+A出版)の方が面白かった…と言っていた。

しかも、先ほどアマゾンで調べてみたところ、『野村證券に内部革命は起こるか』は入手できるようだ…。しかも285円で…。知らなかった…(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8E%E6%9D%91%E8%A8%BC%E5%88%B8%E3%81%AB%E5%86%85%E9%83%A8%E9%9D%A9%E5%91%BD-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%81%AF%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%8B%E3%81%8B%E2%80%95%E5%A4%A7%E8%A1%86%E5%AE%A2%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E5%95%86%E6%B3%95%E3%81%AF%E3%82%82%E3%81%86%E9%80%9A%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%A0%97%E5%8E%9F-%E8%8C%82/dp/4924719935/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1338148159&sr=8-1

念のため、『5.3(THE MAY THIRD)―社会の歪みは憲法の歪みにあり!!』も確認してみたところ、ナント! 1円で売っていた…。
http://www.amazon.co.jp/5-3-THE-MAY-THIRD-%E2%80%95%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%AD%AA%E3%81%BF%E3%81%AF%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%AD%AA%E3%81%BF%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A/dp/4795229627

ということで、画像ファイルにするまでもないようなので、『野村證券に内部革命は起こるか』の電子化、99ページまでで中断します。
2:サムライ:

2012/05/25 (Fri) 06:40:23

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1337895624.jpg まだ半分程度ですが、『野村證券に内部革命は起こるか』の電子化を半分ほど終えていますのでアップロードします。残りのページは今月中に終わらせる予定です。
http://furukotobumi.web.fc2.com/toneri/kuri/nomura.zip

なお、電子化を進めながら同書で印象に残ったのは以下の通りです。

__________
 野村證券が同年10月15日から6週間もの営業停止処分を受けたのはまさにそのためであった。野村は暴力団と組んで株価操作をしたのである。
 だが、証券マンにとってヤクザの見分けがつかないのも無理はない。実は、ヤクザと自分とは見分けがつかないほどの同類項なのだ。(p.58)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
この図式によって明らかになったのは、顧客に対する、野村證券のランク付けである。優遇順位は、①暴力団②大口投資家③一般投資家--というものである。
 そして、大きな問題となった損失補填のランクも、①の暴力団こそ表面には出ていないが、②の大口投資家までで線引きされ、「ゴミ」「ドブ」の一般投資家は補填の対象からは、完全に外されている。(p.68)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
 しかし野村が東京電力株を仕掛けたのには「わけ」がある。
 87年2月9日にNTT株上場がなされたが、この放出価格をいくらにするか問題になっていた。野村、大蔵省としては少しでも高値で売りたい。その際、参考になるのが、NTTと似て、電機関連で公共性が高い東京電力株ということになる。それが2000円ではどうしようもない。そこで、大蔵省と野村證券が結託して東京電力株を吊り上げる工作を行ったのだ。(p.93)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
 野村はこれだけの体制をととのえながら、日本経済を弱めようとする世界の政治的動きを的確に読めなかった。自らの金儲けに目を向けすぎるあまり、情報収集力と分析力とを性格に作動させることができなかったのである。
 この問題を突き、野村叩きを画作したのが、ソロモン・ブラザース社だといわれる。(p.189)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
 奥村(綱雄)氏は、逆境のときこそ人を助けるべきで、その人が栄光の座についたときには、もう会わなくてもいい、という。そういう考え方の人であった。(p.196)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
証券危機の中で、野村は顧客よりも、会社の生き残りを優先したのである。顧客に損を押しつけまくって、野村は戦後最大の危機を乗り切った。ここに野村の本質がある。(p.231)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.