みち



挨拶
サムライさんと飯山一郎さんのお蔭でこの掲示板ができました。厚くお礼を申し上げます。元気旺盛なお二人に倣って小生も横着の身に鞭打って参加したいと思います。とくに、本掲示板では「世界戦略情報誌みち」などで提起した問題を高い見識をお持ちの皆さまとともに、よりいっそう深めていくことができればと願っています。

そこで、まずお願いしたのは、建築家渡辺豊和氏と経済人類学者栗本慎一郎氏の両氏が提案している「太陽崇拝の縄文ネットワーク・三輪山ネットワーク」と「ミトラ崇拝シリウスネットワーク」とツラン文明の関係を皆さまに考えて戴きたいと言うことです。

渡辺・栗本両氏の考えは渡辺豊和『扶桑王国蘇我一族の真実──飛鳥ゾロアスター教伝来史』(親人物往来社)、栗本慎一郎『シリウスの都飛鳥』(たちばな出版)『シルクロード経済人類学』(東京農大出版会)などに書かれています。これらには「ツラン」という単語はひとつも出てきませんが、カスピ海と日本とをほぼ一ヶ月で結ぶ草原の道に着目している点で、まさにツランと日本との関わり探る論考と言えます。

さらに、ミトラ信仰はもともと「太陽崇拝」と「公正」とを旨とするツラン起源の古い信仰ではないかと栗本氏は示唆しているように小生は感じています。つまり、この信仰のペルシア的展開がアフラ-・マズダーを主神として悪神アーリマンを斥けてしまったゾロアスター教であり、それは本来の善悪共にそのところを得しめていた天神信仰からすれば、一種の堕落であり、矮小化であったのだと、栗本氏は指摘しているように思います。善悪を分離したゾロアスター教の影響下にユダヤ教の痩せ細った一神教信仰がまとめられたのは、ユダヤ教神学が整備されたのがバビロン捕囚時代であることを考えると、説得力があります。さらに、栗本氏は、スキタイ、突厥、ハザールに共通の文明制度として「双分制」を挙げています。これはわが国では統治権が「国権」と「政権」に分離されたかのように継承されてきたことを言います。一般的には政治権力が「祭祀権」と「統治権」に分離されることを言います。栗本氏はこれがツラン系諸民族の大きな特徴だと指摘しています。

東日本大震災は私たちに文明論的な発想の転換を迫っっているものと思います。市場原理とお金万能のフェニキア=カルタゴ=ヴェネツィア流の寄生的文明原理からの脱却です。それには、長い間わが国は何を拠り所として社会を営んできたのか、改めて自覚する必要があるように思います。

他人にお金を渡すとき、「これは不浄のものではあるが……」という気持ちを込めて熨斗袋に入れて渡したのは、お金で決済される以上のもっと重大な関係が人々を律していたことの顕れであると小生は考えています。

お互いが違うことを非難するのではなく、それぞれの違いに意味があること、その違いを「公」のために役立てること、それこそが深い喜びを齎してくれるものと信じます。本欄がお互いの切磋琢磨と研鑽の場になることを祈っています。

みち編集長天童竺丸

投稿にあたっての注意事項
▼「スレッド」の立ち上げは自由ですが、『みち』および『月刊日本』に載った記事、および執筆者の著書内容に限定します。
▼実名・匿名のどちらでもOKですが、実名にする場合は匿名の使用は禁じます。また、匿名にする場合、一度使った匿名は変更しないでください。
▼本掲示板に投稿した文は、すべて著作権を放棄したものと見做します(将来、書籍・雑誌等に引用する可能性があるため)。
▼掲示板上での白熱した議論は歓迎いたしますが、相手の人格を攻撃することは一切認めません。
▼勧誘メール、ウィルスメール、その他ゴミメールは速攻で削除します。
▼お問い合わせ: dappan■gmail.com(■を@に入れ替えてください)


落合莞爾の著作集

1:サムライ:

2012/05/19 (Sat) 04:55:29

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1337370929.jpg 『月刊日本』で「疑史」というシリーズを連載されている落合莞爾さんが、このたび『金融ワンワールド』(成甲書房)という新著を2012年4月20日に出しておられます。これは、天童さんが掲示板「挨拶」(スレッド「ツラン」参照)でも言及されている、「フェニキア=カルタゴ=ヴェネツィア」と極めて深い関連がある本であり、その天童さんが『みち』で同書を取り上げていますので参照して戴くと同時に、それを叩き台にして同書について色々と意見交換・情報交換の場にして戴きたく、本スレッドを立ち上げました。なお、落合莞爾さんのホームページがありますので、一度お立ち寄りください。
http://kishu-bunka.org/
紀州文化振興会

__________
●落合莞爾著『金融ワンワールド──地球経済の管理者たち』(四月三〇日、成甲書房刊)という本がまもなく書店に並ぶ。成甲書房の田中亮介氏のご厚意で出来たての一冊を配本前に頂戴した。忝いことである。二六〇頁の一冊に凝縮されたこの本の内容をそれぞれのテーマ毎にさらに敷衍(ふえん)するとしたら、一〇冊を以てしてもなお足りないかも知れない。本書の随所に「本稿では立ち入りません」とか「本書では割愛します」と断り書きがあるのはこのためで、いわば本書はこれから展開されるであろう落合莞爾著作集の総論に相当する著作なのである。巻頭言の限られた紙幅でまとめて紹介するのはどだい無理な話である。そこで、本書第Ⅲ部「通貨経済の終焉」から抜き出して、その結論の部分だけを紹介しよう。

 第Ⅲ部の扉書き(一九四頁)には、こう書いてある。

 金融ワンワールドにとって、国家から金利をタダ取りするところに信用通貨システムの存在意義がある。したがって、これから到来するゼロ金利社会では、信用通貨システムは形は残してもその方向が変わる。企業・財団における経営無責任化の進行が、あらゆる経営行為に保険利用を要求し、それを受ける胴元業が金融資本の中心業務となる。バクチと保険は裏表だから金融市場はまさにカジノとなるのである。第Ⅲ部では、一般国民の貯蓄は株式と土地に振り向けられるべきことを明らかにする。

 一般国民はちょっとした土地を買えるくらいの貯金があるのが普通だから、落合氏の助言に素直に従った方が賢明だと思われる。一般国民ではあるが貯金がないという特殊事情にある私としては、せっかくの金言も活かしようのないのが残念だ。

●落合氏は本来ならば、あちら側、すなわち本書にいう「地球経済の管理者たち」の側に迎えられるはずの人だった。それがほんのちょっとしたはずみというか、きっかけというか、違和感というか、何らかの理由でこちら側、すなわち彼らに管理される一般大衆の側に止まった。栗原茂の引き合わせにより御厚誼を忝くするようになり何度か親しくお話を聞く機会に恵まれた私としては、それこそが落合氏の天命であると思われる。

 いま、落合完爾氏は『月刊日本』誌に「疑史」を『ニューリーダー』誌に「日本近代史の真相──陸軍の裏側を見た吉園周蔵の手記」を毎号連載しているが、ゆくゆくは野村證券の社長に予定されていたにも拘わらず、落合流に言えば、近代日本の在り方の中に「コスモポリタン」の匂いを嗅ぎとってその研究を以て自らの天命と自覚された節がある。その真摯な学究の姿勢は常日頃敬仰措く能わざるところである。

●あるとき、連載中の「吉園周蔵手記」をまとめた暁には、周蔵手記原本を公刊して欲しいとお願いしたところ、「もとよりそのつもりだが、原本校訂と刊行には金が掛る。公刊できれば、周蔵遺族に印税が行くようにしたい」と言われた。実に落合氏は公正の人でもあるのだ。本稿を読んで少しでも興味をもたれるならば、ぜひ書店で購入して頂きたいものである。

 最後に私事ながら、本書の八八頁に拙著『憎悪の呪縛──一神教とユダヤ人の起源』を紹介して頂いた。敬仰する落合氏の著書の中で採り上げられたことは大へん名誉なことであり、心から感謝する次第である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10:サムライ:

2013/04/16 (Tue) 10:22:35

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1366075355.jpg 落合さんの新著『南北朝こそ日本の機密』が発売されました。小生も同書に関する簡単な記事をブログに書きました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
今日的な問題 -南北朝-
9:伊東真弓:

2013/03/27 (Wed) 05:41:52

host:*.comcast.net
サムサイ殿
いろいろご手配有り難うございました。ではお手紙ではなく、メールを落合先生にお送りいたします。
私も正に、目から鱗が落ちるような思いをいたしました。深謝。伊東
                                          
8:サムライ:

2013/03/26 (Tue) 09:26:11

host:*.t-com.ne.jp
伊東様


先ほど本人から連絡があり、以下のホームページ[紀州文化振興会]の冒頭に、ファックスおよびメルアドが書いてあるので、そちらに問い合わせをお願いしたいとのことです。
http://kishu-bunka.org/

以上、よろしくお願いいたします。
7:サムライ:

2013/03/26 (Tue) 07:36:50

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1364251010.jpg 落合さんから連絡があり、『南北朝こそ日本の機密』の予約が開始されたとのことです。拙ブログでも簡単に紹介させていただきました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
6:サムライ:

2013/03/26 (Tue) 07:24:43

host:*.t-com.ne.jp
伊東真弓様

投稿有り難うございました。早速先ほど落合莞爾氏に連絡しておきましたので、暫くお待ちください。私は10年以上『ニューリーダー』に連載中の「吉園手記」シリーズに目を通してきましたが、初めて同シリーズに接した時は、幾度も目から鱗が落ちる思いをしました。あれだけの史料でありながら、未だに本の形にならないのは誠に残念です。

『周恩来と日本』を英語で執筆されるとの由、刊行の暁には是非再びこの掲示板でお知らせ戴ければ幸いです。

なお勝手ながら、伊東様のメールアドレス、アットマークを半角文字から全角文字に変更させていただきました。半角文字のままですと、ウィルスメールが沢山届くようになるからです。ご理解戴ければ幸いです。

サムライ拝
5:伊東真弓:

2013/03/26 (Tue) 06:30:12

host:*.comcast.net
みち様

初めてメールを差し上げる失礼お許しください。この欄で は詳細をご説明できかねますので、手短かにお願い申し上げます。
当方、長年米国 で国際政治を教えてきた者ですが、現在『周恩来と日本』について英語の本を執筆中で、
落合氏のブログを拝読し驚愕いたしました。 『吉園手記』についてさらに知りたく、落合氏にご連絡を取りたいと思いますが、先生のご連絡先が不明です。
従いまして、これらの点について、みち様よりメールにてご指導をいただけましたら大変幸甚に存知ます。稀に日本からのメール送信可能の場合がありますので、その際は、rewoldt@pppl.gov
宛 (subject 欄に 「伊東真弓」と記入していただければ私宛であることがすぐわかります)お送りいただきますようどうかよろしくお願いいたします。
深謝いたします。 詳細はメールにてご説明いたします。  伊東真弓 
 
4:サムライ:

2012/11/29 (Thu) 08:49:14

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1354146554.jpg 落合さんの新刊本が漸く本日の11月29日に発売されるとの連絡が、ご本人からありましたのでお知らせいたします。早速確認したところ、未だ発売されていないというのに、「Amazon ベストセラー商品ランキング」で377位に入っており、殊に「日本史一般」で二位とは凄いと思います。

---------------------------
1位 ─ 本 > 歴史・地理 > 日本史 > 明治維新
2位 ─ 本 > 歴史・地理 > 日本史 > 一般 > 日本史一般
22位 ─ 本 > ノンフィクション
---------------------------
3:サムライ:

2012/11/16 (Fri) 04:28:12

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1353007692.jpg 落合さんの新刊本『明治維新の極秘計画』が今月下旬に発売されます。
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%A5%B5%E7%A7%98%E8%A8%88%E7%94%BB-%E3%80%8C%E5%A0%80%E5%B7%9D%E6%94%BF%E7%95%A5%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%82%A6%E3%83%A9%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%80%8D-%E8%90%BD%E5%90%88-%E8%8E%9E%E7%88%BE/dp/4880862967/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1353006961&sr=8-1

【内容紹介】
隠しきれなくなった歴史の真実――明治天皇すり替え説、決定版の登場

孝明天皇は偽装崩御によって国体天皇=ウラ天皇、大室寅之佑は明治帝として政体天皇=オモテ天皇、明治維新は天皇家と徳川家の極秘計画で成された!
近代日本の絵図を描いた「堀川政略」とは何か! ?
「さる筋」が明かした宮中秘事、これが日本最高度の秘密!
2:サムライ:

2012/05/22 (Tue) 06:44:57

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_722300/722285/full/722285_1337636697.jpg 某大手証券会社の新入社員研修で、落合さんの『金融ワンワールド』がテキストとして使用されましたのでご報告いたします。『金融ワンワールド』をテキストとして使用したのは同社の要職にあるサムライの道友ですが、金融の分かる大学卒業ほやほやの若者に結構インパクトがあったと、その道友は語っていました。

ここで思い出した証券関連の情報絵を追加しておきます。昨年末まで『みち』に「アッシリア文明史論」を執筆していた栗原(茂)さんが、第一企画出版から『野村證券に内部革命は起こるか』と題した本を、20年前の1991年12月5日に発行していたことを本人から先日聞き及んでいます。一読し、内容的に貴重な本だと判断しましたので、本人の承諾を得た上で近く電子テキスト(画像ファイル)にして公開することにしました。(同書の表紙は上記のURLをクリック)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.